ズボラ女は素敵女子になれるのか

素敵女子に憧れる、30代 独身 OLの日々を綴ります。

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展 「スヌーピー・ファンタレーション」 東京展に行ってきました

素敵女子を目指すブログというより、レポブログになりつつありますが。

先日、松屋銀座の8階イベントスクエアで行われているスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」東京展に行ってきました。

スヌーピーの生みの親、シュルツ氏と生前親交があった日本人アーティスト、大谷芳照氏が総合プロデューサーを務められています。

https://sn-fantaration.snoopy.co.jp

スヌーピーとおもしろサイエンスアート?とホームページを見ても内容にあまりピンとこず、入場料もいるしな〜と行くのを迷っていたのですが、思った以上に、いやそれ以上にすごく楽しめました!
写真も自由に撮れるし、行って良かったです!
有料エリアと無料エリアがあり、無料エリアだけでも十分楽しめましたが、有料エリアも行かれることをオススメしたいです。


  • 開催概要

期 間 2018年3月1日(木)~19日(月)
時 間 10:00~20:00 (入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場)
会 場 松屋銀座 8階イベントスクエア
入場料
一般:1,000円
高校生:700円
中学生:500円
小学生:300円

東京展期間後は、大阪展、広島展、名古屋展と開催されるようです。

  • 有料エリア

ビーグルロボがお出迎え

ピーナッツ からくりオブジェ

ピーナッツコミックの二次元の世界を三次元に表現された作品です。
一部の作品はおよそ30分に一度動きます。

なるほどスヌーピー

立体フィギュア作品の展示。
いろんな表情のスヌーピーが可愛い。

スヌーピーの進化
スヌーピーが4足歩行から2足歩行へ進化し、さらに踊ったり宇宙へ行ったりの進化の過程がフィギュアで表現されています。

4Dモザイクアート
シュルツ氏が描いた4コマ漫画を使ったモザイクアート。
六本木のスヌーピーミュージアムにある作品も大谷氏の作品とのことで、驚き!
今回の展示では、このモザイクアートを横からも見ることができます。

スヌーピーロボ
動いたり、歩いたり、踊ったり3タイプのロゴが展示されています。
AIT 愛知工業大学が製作。
そのうち2タイプは実際に動いているところを見る事が出来ます。可愛い動きに癒されます。

こちらのロボの動く様子は映像のみ。残念。

影絵スヌーピー
影絵トリックアート2作品。
ちゃんとスヌーピーに見えてすごい!

マジックシャドー
映像サイエンスアート。スクリーンに映るスヌーピーの影を触るとハートが現れる…はずだけど思うように出現せず。でも楽しい!

混み合うとこんな感じになることも(^^;

不思議なスケッチブック
自分が描いた絵が映像の中で立体になって現れる、参加型の映像サイエンス。

自分の描いた絵が立体になるのは嬉しい!
子供だけでなく、大人も参加していたので便乗!もっと絵が上手かったら…

この他にも、日本を代表するフィギュア界の造形師、原型師、アーティストによるスヌーピーをモチーフにした作品や、大谷氏のアイデアスケッチなど魅力的な展示がたくさんありました!

私が一番熱心に写真を撮ったのがこちら。「喜」の漢字から、スヌーピーが顔を出して可愛い!色んな角度から写真を撮りました!

ここまでが有利エリアです。つい長居してしまいます。

  • 無料エリア

ピーナッツグリフアート
日本の漢字や言葉とスヌーピーのキャラクターを融合させたアート。こちらに展示されている作品は購入することができます。思ったより手が届く価格帯!(1作品2万円程度)

元気付けてくれるような言葉や、恋愛系の言葉もあり、見ているだけで何だか励まされました。


「安眠」、「爆睡」、「熟睡」の並びも個人的にツボ。

日本の四季と富士山をテーマに描かれた作品。とても綺麗。

アクリルスタンド付きのものもあり、こちらは4,500円(税抜)。

入り口にある作品は恐らく売り物では無いかと思うのですが、力強くてすごく素敵な作品!

無料エリアだけでも十分楽しめます!

  • グッズ売り場

オリジナルグッズが沢山あり、お財布の紐が緩くなります…
展覧会オリジナルのトミカが欲しかったのですが、お昼頃にはすでに完売…
しかし、展示を見てから再度行くと、15時頃から再販するとの案内があり並ぶことに!階段に並んでいたのですが、長蛇の列…開催会場は8階ですが3階くらいまで並んでいました。
並ぶこと30分。無事にゲット出来ました!お一人様3個までの制限あり。(864円税込)

購入後、既に列は無くなっており、まだトミカも何十個か残っていたので、並ばずとも買えたのかもしれません(^^;


本当に楽しくて、満足出来るアート展でした!
私が行った時はちょうど総合プロデューサーの大谷氏がみえていて、会場内で何度かお見掛けしました。声を掛けたかったけど、勇気が出せず…それだけが唯一悔やまれました。
東京展開催中にあともう1回行けたらなと思います!

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村